建築条件付土地7つのメリットとは?

仲介手数料

新築一戸建てを検討していると
『建築条件付土地』というものを見かけることがあります。

建築条件付土地とはどういうものなのか
詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
建築条件付土地とは?

ここでは簡単に建築条件付き土地について説明しますね。
建築条件付き土地とは、土地の売主が指定する業者しか
建物を建ててはいけないという契約のことです。

だから、あなたが土地を購入した後、
自分で好きな業者に建築をお願いすることができないってことです。

いかにも土地の購入者にとって不利な感じがしますね。
実際、建築条件付土地には7つのデメリットがあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
建築条件付土地7つのデメリット

ですが、逆に「建築条件付土地でよかった」とメリットを感じることもあります。
この記事では建築条件付土地のメリットを7つご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

建築条件付土地7つのメリットについて

メリット1.意外と融通がきく

融通

意外かもしれませんが、建築条件付土地って
あなたのワガママを聞いてくれやすいです。

融通が利きやすいってことです。

確かに建築業者は土地の売主が指定する業者です。
だから、指定された建築業者の能力しだいで
建物のできが変わってきます。

ですが、土地の上にまだ建物がありません。
だから、建築業者と相談の上、間取りやキッチンの場所や広さなど
あなたの思い通りの家にお願いすることができます。

そう言った意味では建売住宅よりも
あなたの希望通りの家が建ちやすいのは建築条件付土地のメリットの1つと言えるでしょう。

メリット2.建築中に建築業者のミスをチェックできる

建売住宅

たとえば、建売住宅だったらすでに建物ができています。

だから、建設中のミスを発見できません。
でも、建築条件付土地なら、土地を購入し自分のものになった後、
建築が始まります。

なので、建築中の状況をチェックすることができるわけです。
もしあなたが契約した不動産業者に不信感を持った場合、
第三者機関にお願いして、建築中の建物をチェックしてもらうことも
特殊な契約をしていない限り可能です。

もし耐震強度が不足していたら
南海トラフ地震が起きた時に、一瞬で建物が崩れてしまいます。

あるいは小さな地震で亀裂が入ったりするかどうかなども
専門家がチェックしてくれれば建築途中にわかります。

そう言った意味で、建築途中で施工不良などを確認できる建築条件付土地は
メリットと言えるでしょう。

メリット3.資金計画を立てやすい

資金計画

建築条件付土地はそこに土地しか存在していなくても
土地を売った業者の関係者が建物を作るわけです。

なので、土地と建物の最終的な価格が
ある程度、購入前にわかります。

逆に土地を売った会社と建築会社が違う可能性のある注文住宅だと
土地と建物の業者が違うため、いくらお金がかかるか、はっきりとはわかりません。

そう言った意味では建築条件付土地は資金計画が立てやすいというメリットがあります。

メリット4.完成した建物を見て残念な気持ちになりにくい

満足のいく家

建築条件付土地は土地の売主と建築業者がほぼ同一です。
しっかりと土地と建物の利益を1つの会社が得ることができます。

不動産会社は満足のいく利益を得ているので、いい加減な仕事をする可能性が低いです。
あなたの希望にそった建物が建ちやすいというメリットがあります。

メリット5.スケジュールを立てやすい

スケジュール

繰り返しになりますが
建築条件付土地は土地と建物で同じ会社が対応します。
だから、建築のスケジュールを立てやすいです。

そのため、あなたもいつ建物が出来上がるかなどの
日程を把握しやすいというメリットがあります。

これが土地と建物で業者が違うと
お互いの業者で話し合わないとわからないこともあるため
日程を把握しにくいです。

メリット6.不動産会社の利益が多くなる

メリット

ここからは不動産会社が建築条件付土地という条件をつけるメリットになります。
土地を売る会社が建築会社を指定できるということは
たいてい自分の会社が建築会社になるわけです。

だから、土地の利益も建物の利益も両方の利益が
入ってくるので、儲けが多くなります。

メリット7.不動産会社にとってリスクが低い

リスク

建築条件付土地という条件をつけることで
不動産会社のリスクを最小限に抑えることができます。

というのは最初は土地しか存在しないわけです。
建物を建てていない段階で契約に入ります。

そのあと、建築するわけですから、
建築費用は確実に不動産会社は回収できるわけです。

そう言った意味で、不動産会社はリスクを最小限に抑えることができます。

建築条件付土地7つのメリットまとめ

最後にまとめますと

建築条件付土地7つのメリットは

メリット1.意外と融通がきく
メリット2.建築中に建築業者のミスをチェックできる
メリット3.資金計画を立てやすい
メリット4.完成した建物を見て残念な気持ちになりにくい
メリット5.スケジュールを立てやすい
メリット6.不動産会社の利益が多くなる
メリット7.不動産会社にとってリスクが低い

です。

新築一戸建ての購入を検討されている方へ

もし新築一戸建ての購入を検討されているようなら
下のリンクをご覧ください。



こちらも参考に! ⇒建築条件付土地7つのデメリット

スポンサードリンク

建築条件付土地メリットまとめ関連記事

建築条件付土地メリット」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

建築条件付土地ブログ目次
建築条件付土地とは?解除方法についても解説

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 3月 11日
  2. 2018年 3月 12日
  3. 2018年 3月 13日

ページ上部へ戻る