建築条件付土地だと建物価格はどうなる?

建築条件付土地 広告狙い

建築条件付土地の場合、建物価格はどうなるのでしょう?

というのは、そもそも建築条件付土地とは
あなたが最初に契約する段階では土地しか存在しません。

建物がないってことです。

建築条件付土地とは建物の建築を土地の売主が決めるという契約ですから。
さらに詳しく建築条件付土地について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
建築条件付土地とは解除方法についても解説

話を元に戻します。

建築条件付土地の場合、最初、土地しかありません。
だから建物の価格ってあってないようなものです。

あなたの希望によって建物価格は変わってきます。

よくあるのが、「ここ、安いな」と建築条件付土地の広告を見て
その気になってしまうパターンです。

ですが、そこに載っている広告には建物価格は
普通は入っていません。

スポンサードリンク

建築条件付土地に建物価格は入っている?

建築条件付土地

これは先ほども申しましたように、普通、建築条件付土地で
示されている価格に建物価格は入っていません。
土地代だけです。

土地の売主が指定する建築業者とあなたとの間で
話し合った上で、どんな建物にするか決めて
そのうえで、最終的な建築価格が決まります。

もし指定された建築業者との価格交渉で
納得いかなければ解約扱いになります。

ただ、この辺の関係で思わぬトラブルが発生することがあります。
詳しくはこちらの記事で解説していますので、ご覧ください。
建築条件付土地7つのデメリット

建築条件付土地の建物価格は安い?

仲介手数料

ここまでの解説で建築条件付土地の建築価格は
最初から決まっていないということがわかっていただけたと思います。

では、建築条件付土地の場合、最終的に決定する建築価格って
他の一戸建て住宅より安くなるのでしょうか?

結論としては建築条件付土地の場合、建築価格が高くなりやすいです。
というのは、建築条件付土地というのは土地の売主が独断で建築業者をしているできるわけです。

土地の買主側に建築業者の決定権はありません。

たいてい土地の売主が指定する建築業者は自分と同じ会社です。

なので、建築価格を上げれば上げるほど
土地の売主側は儲かるわけです。

で、建築業者が指定する建築価格に買主側が納得いかなくても
「じゃ、契約をやめますか?」と上から目線であなたに言ってくる可能性があります。

あなたが購入しようとしている土地に対して
建物を建てて良い業者は土地の売主側が指定する業者ですから。

したがって、建築条件付土地の建築価格は高くなりがちです。
ただ、この辺はあくまで一般論です。

もしかしたら、一般価格より安い価格で建築を請け負ってくれる建築業者が指定される可能性もあります。

建築条件付土地の建物価格に仲介手数料はかかる?

仲介手数料

結論として建築条件付土地の場合、建物価格に仲介手数料はかかりません。
なぜなら、土地の購入時、建物はまだ存在しないからです。

土地の購入後、建物の建築が始まります。
ただ、あなたと建築業者との間の請負契約という契約で建築されるんです。

売買契約で建物を購入するわけではないってことです。

したがって不動産仲介業者(土地の売主)に対して土地の価格分の仲介手数料を支払えばOKで、建物に仲介手数料が普通かかることはありません。

建物はまだ建っていないので、建ててもらう請負契約をします。
建物の売買契約ではありません。

新築一戸建ての購入を検討されている方へ

もし自然素材の一戸建て住宅に興味があるなら
こちらのリンクをクリックしてください。



こちらも参考に! ⇒建築条件付土地7つのメリットとは?

スポンサードリンク

建築条件付土地 建物価格関連記事

建築条件付土地 建物価格 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます

建築条件付土地ブログ目次
建築条件付土地7つのデメリット
建築条件付土地とは解除方法についても解説

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る