建築条件なしとは?

建築条件なしとは

「この土地いいな」と広告を見て思ったとします。
その広告をよく見ると、「建築条件なし」とか「建築条件付土地」とか
記載されていたりします。

建築条件付土地とはどんな土地かについては
こちらの記事で詳しく解説しています。
建築条件付土地とは?

この記事では建築条件なしとはどういうことなのか?
解説していきます。

スポンサードリンク

建築条件なしとは

建築条件なし

建築条件なしとは、建築する建物について、
条件をまったくつけない土地のことです。

逆に建築条件付土地というのは
土地の売主が指定する業者しか建物を建築してはいけないという土地のことです。

なので、建築条件なしなら
あなたが好きな建築業者を選んで建物を建てることができます。

「建築条件なし」とは、その土地に建築する住宅に関しては、何の条件も付かない土地のことです。

ちなみに建築条件なしは『住宅用の土地』とも言います。
住宅用の土地といった場合、「建築条件なしなんだな」と思って大丈夫ということです。

建築条件なしなら、土地の契約後3ヶ月以内に
建築の請負契約を結ばないといけないなどの
条件がありません。

建築条件なしならあなたの理想通りの家を建てることが可能です。

どんな場合に建築条件なしで土地を販売する?

建築条件なしの土地

どんな場合に建築条件なしで土地を販売するのでしょう?
土地を安く手に入れることができた場合に建築条件なしで売り出すことが多いです。

というのは土地を安く手に入れたなら、
利益をたくさんのっけてお客さんに販売することができます。

逆に土地を安く不動産業者が手に入れることができなかったなら
土地だけでは儲からない可能性が高いです。

そんな場合には建築条件付土地という条件にして
同じ不動産会社の建築部門に建物を作らせるようにして
最終的な利益をあげようとします。

建築条件なしの利点

建築条件なしの土地を購入する利点って何でしょう?
最大のメリットはあなたが好きな建築会社に建物の建築をお願いすることができることと
あなたが満足いくまで、建築まで時間をかけることができるところです。

まず建築条件なしではなく
建築条件付土地なら、土地の売主が指定する業者しか
建物を建てることができません。

だからあなたにとって気に入らない業者が
建物を建てることになるかもしれません。

もしあなたが電話してもまったく出てくれないとか
あなたの意見をまったく聞き入れてくれない業者が
建築するようなら、いくら見栄えの良い建物でも満足できないでしょう。

でも建築条件なしなら、建築してくれそうな業者を
何社もあたって、一番よさそうなところと契約を結ぶことが可能です。

また、建築条件付土地なら土地の契約後
たいてい3ヶ月以内に建物を建てる契約を結ばないと
契約が解除されてしまいます。

でも、建築条件なしなら3ヶ月以内に建築業社を見つける必要もありません。
あなたが「この業者に任せよう」と思えるまでじっくり考えることができます。

これが建築条件なしのメリットです。

ちなみに建築条件付土地にもメリットがあります。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。
建築条件付土地7つのメリットとは?

建築条件なしの欠点

建築条件なしって一見、メリットだらけな感じがしますね。
でも、欠点だってあります。

建築条件なしなら自分で建築業社を選ぶことができます。
ということは、自分で建築業社を選ばないといけないわけです。

たとえば始めて一戸建てを建てるなら
どこの業者がいいか、どこの業者が違法なことなく
優良な一戸建てを建ててくれるかなんてわかりません。

建築会社だって、契約を結ぶまで
必死で良いことばかり言ってくるでしょう。
担当者だって優しいでしょう。

でも悪徳業者だと契約を結んだ後に急に電話に出ないし
詳細な金額を教えないとか、腹わたが煮えくりかえることを
平気でやってくるものです。

逆に建築条件付土地なら
最初から土地の売主が指定した業者しか建物を建てれないので
業者選びに悩むことはありません。

他にも建築条件なしの欠点はあります。
建築条件なしだと、土地の売り主と建築業社は別会社になる可能性が高いです。
となると、土地の値段は土地の会社に聞かないとわからないし
建物は建物の会社に聞かないとわかりません。

だから、土地と建物で合計いくらになるのか
はっきりしにくいから資金の準備がしにくいという欠点があります。

それから住宅ローンの融資を受けるときにも
建築条件なしだと、不都合が生じます。

というのは住宅ローンは建物がないと受けることができません。
だから建築条件なしで土地の購入が決まっても
その土地をローンで手に入れるな場合、金利の安い住宅ローンを受けれないのです。

そこで土地の契約から建物の契約までの間
住宅ローンより金利の高いつなぎ融資を受けないといけなくなります。

なのでローンで不動産を購入する方にとっては
余分な金利がかかるという欠点があります。

ちなみに建築条件付土地のデメリットについては
こちらの記事をご覧ください。
建築条件付土地7つのデメリット

新築一戸建ての購入を検討されている方へ

もし自然素材の一戸建て住宅に興味があるようでしたら
こちらのリンクをクリックしてください。



こちらも参考に! ⇒建築条件付土地7つのメリットとは?

スポンサードリンク

建築条件なしとは関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る