建築条件付宅地分譲とは?

建築条件付宅地分譲とは

建築条件付宅地分譲とはどういう条件なのでしょうか?

宅地を分譲する方法の一種です。

「この土地に家を建てたいな」とあなたが思ったとします。
よく調べてみるとその土地は建築条件付宅地分譲です。

その場合にはまず土地を購入します。
その後、契約した期間内に業者が指定する建築業者とあなたとの間で
建物を建築するという請負契約を結ぶことになります。

もし一定期間内に請負契約を結べなければ契約は解除となるんです。

そういった契約を建築条件付宅地分譲と言います。
この記事ではさらにわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

建築条件付宅地分譲との分譲とは?

分譲

建築条件付宅地分譲と『分譲』の文字が入っていますね。
そもそも分譲とはどういう意味なのでしょうか?

分譲とは分割譲渡の略です。

たとえば不動産会社が広大な面積の土地を購入します。
その広大な土地を1人に売るのは難しいでしょう。
高額になりますから。

そこで広大な土地を分割してたくさんの人に売るわけです。
これが分譲です。

で、土地だけでなく建物も建てて販売するなら分譲住宅になります。
その分譲住宅がマンションなら分譲マンションと言います。

建築条件付宅地分譲とは?わかりやすく説明

建築条件付

では建築条件付宅地分譲とはどういう意味になるのでしょう?
まず分譲という言葉が入っているわけですから広大な土地を分割しているのは確かです。

ただ、土地だけの販売になりますと
不動産会社が手に入れた利益に対して高額な税金が発生します。
これを避けるために、その土地の上に建物を建てて販売することが多いです。

ただ、土地と建物を同時に売ると
当たり前ですが土地代だけより高額になるので
買う側はためらいます。

そこで見た目の値段を減らすために建築条件付という条件をつけるんです。
建築条件付とは、土地の売主が指定する業者しか建物を建てれないという条件のことです。
土地の売買契約が決まった後、指定の業者が建物を建てます。
しかも分譲なので、そこにはいろんな土地の買主がいるってことです。

以上で建築条件付宅地分譲についての解説を終わります。

新築一戸建ての購入を検討されている方へ

もし自然素材の一戸建て住宅に興味があるようでしたら
こちらのリンクをクリックしてください。



こちらも参考に! ⇒建築条件付土地7つのメリットとは?

スポンサードリンク

建築条件付宅地分譲とは?関連記事

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る